【MASTIFFS ’21 Last essay #21】

【MASTIFFS ’21 Last essay #21】

OL#68 久保田健斗
いつか笑って4年間を語らうために

今までの自分について書くのはなんだか気恥ずかしいので、今とこれからのMASTFFSについてこの場で語りたいと思う。

今一番に望んでいることは、ただTOP8に昇格することだ。目標を達成し、引退後に「あんなこともあった」と、大きなミスや失敗を笑って語りたい。そのために、自分の活躍よりチームの勝利に拘り、達成するための日々を過ごしている。

ひとつだけ、後輩たちに伝えたいことがある。それは、「自分の意思を大切にすること」。MASTIFFSは組織として急激に成長している最中だ。今後、集団としての強さ・規律をより求められるようになる。そんなときに、集団に呑まれて自分のやりたいことを見失ってほしくない。周りに合わせて波風立てないことばかりに重きをおかず、疲れたときは自分の意思によく耳を傾けよう。そうして行動した方がきっと後悔せず楽しいはず。周りと違ったことをやりすぎると逆張りとイジられるけど、気にせずにいこう(笑)

最後になりますが、日頃よりMASTIFFSを応援してくださる皆様に感謝申し上げます。皆様の温かい応援のおかげで今日まで楽しくフットボールに励むことができました。今後ともMASTIFFSへの変わらぬご声援・ご支援をよろしくお願い申し上げます。

, ,