【MASTIFFS ’20 Last essy#20】

OL#74 飯島大貴

大切なのは、自分が輝ける場所で正しい努力を積み重ねること

___

最初にMASTIFFSの存在を知ったのは下宿する家を探しに横国の生協を訪れた時でした。当時184センチ64キロというパリコレモデル体型だった私はアメフト部に入部することなど少しも考えておらず、野球サークルに入って楽しく野球をすることしか頭にありませんでした。しかし行動力のない私は野球サークルがどこで活動しているのか全くわからず、野球サークルに入るという夢は叶いませんでした。失意のなか、友達に連れられて行ったアメフト部の練習見学会で初めてみた生のアメフトに感動し、気付いた時にはゴリゴリマッチョを目指して食事とトレーニングに打ち込む日々を過ごしていました。

入部して最初の数ヶ月は「ディフェンスの司令塔」という響きに憧れ、LBを経験したもののサインや動きが全く理解できず、怪我もして周りについて行くことができませんでした。「自分は試合に出られるのだろうか。」と困り果てていたところにOLの先輩から声をかけていただき、1年生の10月にOLにコンバートすることになりました。今振り返るとこのコンバートが4年間のターニングポイントだったように思います。OLに転向した後はLBだった時には参加できなかったスクリメージ練習に毎日のように参加できました。試合形式の練習で何度も失敗を積み重ねられたことが大きな成長に繋がったと思います。結果的に2年生からたくさんの試合に出られて、そこからの3年間で何度も痺れる試合を経験させてもらいました。目標としていた『TOP8昇格』を果たすことができなかった悔しさは残るものの、個人的には非常に充実した4年間を過ごすことができたと思います。

後輩の皆さんへ

私がMASTIFFSで活動するうえで学んだことが2つあります。1つ目は正しい努力を続けることです。例えば体重を増やしたいからと言ってとりあえずカロリーの高い菓子パンやお菓子などをたくさん食べても太るだけで強い体は作れません。ヒットの練習においても良くない形で量だけこなすだけでは技術は上達しません。人の指摘に耳を傾けて正しい方法・形を身につけること、そしてそれを続けることがどれほど大切かこの4年間で痛感しました。そして2つ目は適材適所の大切さです。人には生まれ持った能力や身体的特徴があります。アメフトはその全てを活かせるスポーツだということは皆さんも知っていると思います。今やっているポジションで燻っている人もきっとその能力を活かせる場所があるはずです。周りを見渡して自分を活かせる場所・チームに貢献できる場所をもう一度探してみてください。

体作りやアメフトの技術、どちらも1日で劇的に変化するものではありませんし、ポジションを変えたとしてもすぐに結果が出るとは限りません。時には悔しい思いをすることもあると思いますが、地道に努力を積み重ねた日々は必ずTOP8へとつながっているはずです。自分が輝ける場所で正しい努力を積み重ね、来年こそは『TOP8昇格』を成し遂げてください。

最後になりますが、日頃よりMASTIFFSを応援してくださる皆様に感謝申し上げます。大変イレギュラーな1年になりましたが皆様の応援のおかげでこうして1年間『やりきる』ことができました。これからも変わらぬご支援・ご声援のほどよろしくお願いいたします。

【MASTIFFS ’20 Last essay#19】

MG 小関ラヤ
人生のなかで最も楽しみ、悩み、充実した4年間だった

 ̄ ̄ ̄ ̄

MASTIFFSでの4年間を振り返ると、これまでの人生のなかで、こんなにも楽しみ、悩み、充実した日々を送ったことはありませんでした。

 

高校時代、小学校から続けていた水泳を、勉強を理由に逃げるように辞めました。どこかで不完全燃焼のようなものを感じていたのか、大学生になったときに「大学では何か一つのことをやりきりたい。」と思うようになりました。先輩方の熱意と、マネージャーの多岐にわたる仕事内容に惹かれ、アメフト部で4年間頑張りたいと心に決めて入部しました。

 

アメフト部の一員としての活動は、毎日が学ぶことばかりでした。アメフトそのものについてはもちろん、マネージャーとして必要な正しい言葉の使い方、目上の方への接し方、報告・連絡・相談の大切さ、魅力的な広報思案など。毎日の仕事をミスなく遂行するだけでなく、その時々の企画も並行することは、目まぐるしくも、刺激的で楽しい日々でした。海外生活も長く、それまで悠々自適に生きてきた私は、先輩方の手を煩わせることも多かったのではないかと振り返って思います。生意気だったであろう私を見放さず、丁寧に温かくご指導くださった先輩方には感謝が尽きません。

 

前に進み続けるチームに追いていかれないよう必死に過ごし、気付けば最終学年になりました。今後のチームに繋がる何かを残したいと意気込んで迎えた4年目は、悔しさと反省の連続でした。未曾有の事態への対応が求められるなか、自分の自信のなさや実力不足ゆえに思い描いたように仕事をこなせず、責任に押し潰されて心が折れた日もありました。全てを投げ出したいと思ったことも数え切れません。

 

しかし、どんなに沈むことがあっても、最後まで絶対にやり遂げようと立ち直れたのは、周りからのサポートがあったからです。

 

憧れの存在で偉大な先輩。優しく頼もしい同期。慕ってくれる可愛い後輩。どんな状況でもチームの最善を考えご指導くださるコーチ。そして、今年の状況を気遣いながら、温かいご支援・ご声援をくださるOB・OG会、後援会の方々。皆様から日頃頂く激励のお言葉に何度救われたか分かりません。皆様のご支援がチームだけでなく私自身の支えになり、そのおかげで最後まで走り続けることができました。

 

「MASTIFFSは人がいい」

チーム内の誰もがそう言ってくれる、そんなチームに所属できたことが誇らしく、自分もその一員となれたことが嬉しかったです。このチームの一員として、様々なことを経験させていただいたことは一生の財産です。勝利を挙げた喜びと高揚感も、結果に繋がらなかったもどかしさと悔しさも、戻りたくなるほどかけがえのない瞬間で、大切な思い出です。改めて、私たちの活動にご協力くださった皆様に御礼を申し上げます。

 

今後も、MASTIFFSは上を目指し、果敢に戦い続けてまいります。今後とも温かいご支援・ご声援を、どうぞよろしくお願いいたします。