慶應義塾大学戦戦評

1Q。慶應のKickで試合開始。最初のSeriesはRB#30園田理貴(4年)のRunで6ydsをGainするが、Puntに終わる。慶應に連続でFreshを許し、横国陣地へ進入される。慶應のPass fakeや30ydsのLong passに対応できず、Touchdownを奪われる。0-7。横国はQB#1壽藤泰生(4年)がSide line間際でWR#11髙橋直記(4年)へ的確にPassを投じ、Freshを重ねる。園田のRunも奏功し、残り21yds地点まで迫る。しかし4th down 5となり、FGを選択。FGは失敗し、得点とはならない。慶應Offenseに対し、LB#3立石雅(2年)が中央からPressureをかけ、Pass失敗に抑える。残り31ydsで3rd down 2とし、LB#59黒田勇介(4年)・DL/OL#55古市樹生(4年)・LB#52梅岡泰生(3年)が慶應RBを捕らえ、4th down 4とする。しかし、6ydsのShort passを通され、Freshを与えてしまう。

 

2Q。横国は慶應Offenseに残り6ydsまで迫られ、再びPass成功によりTouchdownを許す。0-13。横国は慶應の素早いRunや的確なコースをつくPassを止められず、自陣へ進入される。さらに残り34yds地点で26ydsのPass成功を許し、その後着実にGoal lineまで接近され、Touchdownを奪われる。0-20。髙橋が慶應DefenseのCoverを受けながらも安定したPass catchを見せ、また、WR#10小林天(4年)がRunでFreshを獲得する。TE#12中村航(4年)やWR#19有坂光正(2年)へのPassも成功し、敵陣に進入する。しかし慶應LBに横国OLの間をかいくぐられ、QB sackを被る。9ydsのLossとなり、試合開始後最も前進した攻撃はPuntに終わる。SnapのミスからPuntを蹴ることができず、残り32yds地点で攻撃権を渡す。Goal lineまで17ydsの地点で3rd down 10まで持ち込むが、横国の反則により15ydsの前進を許す。残り2ydsとし、Touchdownを奪われる。0-28。横国はFumble recoverされ、自陣37yds地点からの攻撃権を譲る。しかし残り25ydsからのFG tryをDL#47平野雄輝(4年)・DB#48千代倉幸彦(1年)・古市・梅岡が見事Blockし、失点を免れる。

 

3Q。最初のSeries、横国は自陣で40ydsのLong passを決められ、劇的なTouchdownを許す。0-35。横国が蹴ったPuntをReturnされ、自陣43yds地点で攻守交替する。横国Defenseが3rd down 3まで粘るもFreshを獲得され、慶應の前進を止めることができない。Touchdownを奪われ、0-42。横国Offenseは、9ydsを失い、2nd down 19となるが、壽藤と小林が18ydsのPassを成功させる。さらに、壽藤の正確な投球と小林の安定したCatchで65ydsのLong passを成功させ、今年度秋リーグ戦初のTouchdownを奪う。6-42。

 

4Q。横国はGoal前9ydsに迫られ、3rd down 3とするが、Freshを獲得される。Touchdownを許し、6-48。横国の攻撃はPuntに終わるが、慶應陣地まで回復できず、自陣からの攻撃を許す。24ydsのLong passを決められ、残り21ydsとなる。さらに、慶應RBの素早いRunに対応できず、15ydsをGainされる。悪い流れを止めることができず、再びTouchdownを許す。6-55。WR#81大和田滉樹(3年)による12ydsのPass catchやQB#8藤生輝(2年)の13ydsのRunでFreshを獲得するが、Fumble recoverされ、攻撃権を失う。慶應に15ydsのRun play成功を許し、残り13ydsに迫られる。立石やDL#99梅村純人(2年)が慶應QBにPressureをかけ、投げ捨てに抑える。また、黒田も素早く慶應QBを追い、Passを投げさせない。4th down 10に抑えるも、FG成功を許す。6-58。

桜美林大学戦戦評

1Q。桜美林のKickで試合開始。横国は最初のSeries、WR#14有坂光正(2年)が安定したPass catchでFreshを獲得する。さらにQB#1壽藤泰生(4年)が9ydsを走るが、Fresh獲得には至らない。ここで攻守交替。桜美林の反則により、Freshまで15ydsとなる。桜美林のPass 攻撃を受けるが、DB#36関悠希(1年)やDB#48千代倉幸彦(1年)がCoverし、1ydもGainさせない。RB#30園田理貴(4年)がRunで7yds進めるが、その後はGainできず、Puntを蹴る。自陣20yds地点から桜美林の攻撃。残り27yds地点で2nd down 3となる。桜美林Carrierに対し、横国Defenseは寄り集まってTackleを試みるが、かわされる。End zoneまで止め切れず、Touchdownを許す。0-7。

 

2Q。LB/K#23黒田遼太郎(2年)のPuntで桜美林を自陣10yds地点からの攻撃に抑える。DL/OL#55古市樹生(4年)が桜美林RBに対し、Loss tackleを決める。桜美林を3rd down 10まで抑えるが、Pass成功を許し、4th down 1となる。桜美林のGamble成功を阻止できず、横国陣地に進入される。敵陣33yds地点で22ydsのPassを決められ、残り11ydsとなる。残り5ydsで3rd down 4とするが、桜美林RBのPowerに押され、Touchdownを奪われる。0-14。横国Offenseは、壽藤・WR#11髙橋直記(4年)がPassで6ydsをGainする。再びPassでFresh獲得を狙うが、Interceptされる。自陣45yds付近で奪われたBallはそのままEnd zoneへ運ばれ、桜美林のTouchdownとなる。0-21。横国は壽藤が自らBallを運び、18yds前進する。髙橋へのPassで再びFreshを獲得し、前半残り34秒でGoal lineまで34ydsに迫る。壽藤は桜美林DefenseのPressureを受けながらも、FreeになっているWR#10小林天(4年)へ正確なPassを投じる。小林がCatchし、Touchdownを挙げる。7-21。PAT後のKick offでReturn touchdownを許す。7-28。

 

3Q。園田が桜美林Defenseをかわし、15ydsを走る。さらに、小林のPass catchで敵陣に進入する。壽藤と有坂が40ydsのPassを成功させ、Goal前3yds地点に迫る。壽藤がBallを押し込み、Touchdownを奪う。14-28。しかし、桜美林CarrierのSpeedに対応できず、19ydsをGainされる。そして、残り39yds地点からLong passを決められ、Touchdownを奪われる。14-35。さらに、自陣23ydsから32ydsのPass成功を許した後、Freshを獲得される。残り26yds地点で桜美林Carrierを止めることができず、Touchdownを許す。14-41。壽藤と小林が44ydsのPassを成功させ、一気に敵陣に進入する。残り30yds地点で4th down 7とし、Gambleを選択。しかし失敗に終わる。

 

4Q。有坂のPass catchで残り25yds地点まで迫るが、4th down 14とし、Puntに終わる。横国はLong passを狙うが、Interceptを被る。直後のPlayでLB#43梅岡泰生(3年)がInterceptを決め、そのまま41ydsを走り抜けてTouchdownを奪う。21-41。横国陣地内で攻撃権を譲り、桜美林RBに31ydsのGainを許す。残り6ydsとなり、Touchdownを奪われる。21-48。横国OffenseはGambleを選択するも失敗に終わり、桜美林に残り26yds地点からの攻撃を許す。Run playによるGainを連続して許し、Touchdownを奪われる。21-55。