2014年4月12日号

2014年4月12日 カテゴリー:企画「憧れリレー」

 

◆春オープン戦のお知らせ
◆神戸大学戦・レセプションのご案内
◆勧誘状況
◆企画第1弾

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

MASTIFFS OB・OGの皆様

お世話になっております。
横浜国立大学アメリカンフットボール部
MASTIFFS・マネージャー2年生の山崎麻衣です。

現在、私達は主に勧誘活動に精力を注いでおります。
そして連日の勧誘イベントに加え、
練習に取り組んでおります。
4月27日の神戸大学との定期戦や春オープン戦に向け、
GroupやKickingなど、実践を重視した練習メニューが
組み込まれています。

現在の勧誘活動の状況や神戸大学との定期戦、
春オープン戦の詳細につきましては後程ご紹介いたします。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆春オープン戦のお知らせ

2014年度春オープン戦の日程や詳細が
決定いたしましたので、報告させていただきます。

★4月27日(日) vs神戸大学(定期戦)
→時間:11:00 Kick off
→場所:アミノバイタルフィールド

★5月18日(日) vs立教大学
→時間:16:45 Kick off
→場所:アミノバイタルフィールド

★5月25日(日) vs関東学院大学
→時間:10:30 Kick off
→場所:川崎富士見球技場(旧・川崎球場)

★6月7日(土) vs防衛大学校
→時間:13:30 Kick off
→場所:アミノバイタルフィールド

★6月15日(日) vs東北大学
→時間:13:30 Kick off
→場所:アミノバイタルフィールド

★6月29日(日) vs立正大学(JV戦)
→時間:(未定ですので、決まり次第ご連絡いたします)
→場所:横浜国立大学内グラウンド

4月27日の神戸大学戦を皮切りに、2014年度MASTIFFSの
長く厳しい戦いが始まります。
一年を通して結果を残すためには、「1部死守」という目標を常に意識し、
日々の練習一つ一つにこだわり、成長を続けてゆかなければなりません。
それは選手だけでなく、勿論スタッフにも同様に当てはまります。
部員一丸となって対戦相手に食らいついてゆきます。

また、OB・OGの皆様のお力が加わることにより、
私達の勢いは相手にとってより止め難いものとなります。
会場付近にお住まいの方は是非応援にいらして下さい。

また、4月27日の神戸大学との定期戦のレセプションのご案内は
次のトピックにて案内させていただきます。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆神戸大学戦・レセプションのご案内

横浜国立大学MASTIFFSは神戸大学RAVENSと毎年定期戦を行っており、
今回の試合は28戦目となります。
昨年の試合では横浜国立大学が10-6で神戸大学に勝利しました。
ここ数年は良い結果を残していますが、過去の戦績からしますと
神戸大学の力に圧倒されております。
この試合でいかに神戸大学に食らいつき、以後の試合につながる流れを
掴むことができるかが課題となります。

そして、試合の後には神戸大学の方々を交えた
レセプションが開催されます。
神戸大学の部員や関係者の方々との親睦を深める良い機会ですので
是非ご参加下さい。

なお、当日の第2試合には日本大学対関西学院大学戦が行われます。
神戸大学側の希望により、試合終了からレセプションまで
時間が空いてしまいますが、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

以下レセプションの詳細でございます。

—————————————————-

【時間】

17:45~ 受付
18:00~ 開始予定

【会場】調布市文化会館たづくり 7階 大会議場
→京王線調布駅下車 南口から徒歩3分
(http://www.chofu-culture-community.org/forms/info/info.aspx?info_id=6368)

【会費】2,500円

参加していただける方は主務・山下までご連絡ください。
心よりお待ちしております。

(yamashita-misaki-xf@ynu.jp)

—————————————————-

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆勧誘状況

前回のOB・OGメールでご紹介いたしましたお茶会勧誘から
早くも1ヶ月強が経過しました。
その間には、大学から一人暮らしを始める新入生の
住まい探しの相談を兼ねた勧誘や、
学科別交流会、学部オリエンテーションに参加する
新入生の勧誘を行ってまいりました。

そして、約900人の新入生と、
それぞれ担当につきました部員が現在連絡を取り合っております。
新入生の男の子の経験スポーツの種類は、サッカーや野球、
陸上、ハンドボール、水泳など様々で、中には
アメリカンフットボールやラグビー経験者も数名おります。
女の子では、運動部マネージャーの経験者もいる中、吹奏楽部や演劇部など
スポーツと今まであまり関わりのない子も多いため、
いかにスポーツの面白さ、アメリカンフットボールの面白さを
伝えることができるかが鍵となります。

現在までにイベントとしましては、横浜観光やフラッグフット、女子会、
バーベキュー、アメフト体験会等を開催してまいりました。
その際には、多くのOB・OGの方々のご協力のもと作成させていただきました
パンフレットを新入生に見せ、締めとして毎回、部員が作成いたしましたPVを
上映し、MASTIFFSの魅力を存分に伝えられるよう工夫をしております。

そして4月12日時点で、選手希望者22人、スタッフ希望者7人の
合計29人が入部いたしました。
選手40、スタッフ15人という目標にはまだまだ遠いです。
現在も、私達は他の数多くの団体との勧誘競争の渦中におります。
現段階での結果に甘んずることなく、その勧誘目標を超えるような心持ちで
今後の勧誘活動に努めてまいります。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆企画第1弾

前回のOB・OGメールで予告いたしました新企画、
「憧れリレー」を今回より始めてまいります。
その第1弾を飾っていただくのは、41期の伊ヶ崎哲平様です。

—————————————————-

いつもお世話になっております。
41期の伊ヶ崎哲平と申します。
今年度から一社会人として新生活をはじめ、新鮮な気持ちと
若干の不安な気持ちをもちながら日々を過ごしております。

そんな新生活のはじまりで、周りの環境の変化に戸惑う毎日ですが、
ちょうど今から5年前にも大学生活という新生活をはじめました。
そこでMASTIFFSに入部しましたが、私は大学に入る前は
アメフトをやろうとは微塵も考えていませんでした。
それが気づいたらアメフト部に入ろうと心に決めた自分がいて、
何か未知の世界に足を踏み入れたなとドキドキしていました。

当初アメフトをやる気など全く無かった私をその気にさせてくれたのは
39期の伊藤光彦さんでした。
初めて光彦さんとお会いした時は
ただただ口のうまい人だなと(光彦さんすみません!)思うだけでした。
しかし、イベントを自ら楽しみ周りを巻き込む姿や、
練習での真剣な表情を見てその印象は徐々に変わっていきました。
そして新歓イベントで勧誘PVを見せてもらったとき、
前年の自分たちの姿や仲間との絆が感じられる映像で
光彦さんが涙を流しているのを見て、「なんてアツい人なんだ!」と
驚きとともに魅力を感じました。
それが私の心の中に大きく残り、自分もこんなアツい人たちの中で
全力でアメフトをやってみたい!と思い、入部を決めました。

大学を卒業し社会人となった今では、もうあれほどの“熱”を持って
スポーツに打ち込むことはないのかもしれません。
しかし、MASTIFFSで培った情熱をもっていろいろなことに
ぶつかっていくこと、はこの先の人生にも通ずることだと考えています。
私も光彦さんのようにほかの誰かに自分の情熱を
伝えられるような人になりたいと思います。

—————————————————-

この伊ヶ崎様と伊藤様のエピソードを拝見し、
新入生に、心の底からMASTIFFSに魅力を感じてもらった上で
入部を決めてもらえるような勧誘活動をしてゆかなければならない、
と再認識いたしました。
伊ヶ崎様、ありがとうございました。

次号では40期の江見陽介様のコメントを紹介させていただきます。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽