2014年11月10日号

2014年11月10日 カテゴリー:試合のご報告,戦評,観戦記

◆第5節・東京大学戦のご報告
◆第6節・専修大学戦につきまして
◆第5節・東京大学戦の戦評
◆第5節・東京大学戦の観戦記
◆OB・OGメールのHP移行のお知らせ

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

MASTIFFS OB・OGの皆様

いつもお世話になっております。
横浜国立大学アメリカンフットボール部
MASTIFFS・マネージャー2年生の山崎麻衣です。

先日の東京大学戦には50名近くのOB・OGの方々がいらっしゃり、
スタンドから力強いエールを送っていただきました。
そして両者一歩も譲らない競り合いの末、
私たち横浜国立大学が勝利いたしました。
横国が逆転勝利を決めた瞬間の歓声や、
試合終了の際の鳴りやまない温かい拍手には
部員一同心が熱くなりました。
こんなにも多くの方々から支えていただいているのだ、
と非常に強く実感できました。
本当にありがとうございました。
この勝利によって、私たちは1部リーグBIG8残留に大きく近づきましたが、
現在の状況に甘んじることなく、
残る一戦・専修大学戦で勝利を掴み取るために
悔いの残らぬ取り組みをしてまいります。
是非、最終節も会場での温かいご声援を宜しくお願いいたします。

そして、関東1部リーグBIG8に属する大学の
第5節終了時点での戦績を紹介させていただきます。

横浜国立大学   4勝2敗
神奈川大学     0勝7敗
専修大学     4勝1敗
東京大学     3勝3敗
拓殖大学     3勝2敗
上智大学     3勝2敗
駒澤大学     4勝1敗
東京工業大学  1勝4敗

横国が専修に勝利すればほぼ間違いなく
1部リーグBIG8残留が決定いたします。
また、他校の最終節の勝敗の行方にも大きく左右されますが、
横国が大差で専修に勝利すると、
1部リーグTOP8との入替戦出場の可能性が見えてくるという状況にもあります。
しかし、専修に負けると2部リーグ校との入替戦出場の可能性が出てくるため、
絶対に敗北が許されない一戦です。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆第5節・東京大学戦のご報告

第5節の東京大学戦は
15-14で横国が勝利いたしました。
4Q序盤に東大に7点のリードを許し
横国は精神的に追い詰められました。
しかし、皆様がスタンドから届けてくださいました
熱いエールのおかげで横国の流れを作ることができ、
試合時間が残り1分を切る中での逆転に成功いたしました。
この1勝は皆様のご声援なくしては
掴み取ることができなかったと強く思っております。
会場に駆けつけ、終始温かいご声援を送ってくださいました
OB・OGの方々に心より感謝申し上げます。

[試合結果]

11月2日(日) 13:30 Kick off
@アミノバイタルフィールド
横浜国立大学-東京大学

第1Q 7-0
第2Q 0-7
第3Q 0-0
第4Q 8-7

Total 15-14

【会場にお越しいただいたOB・OG会の方々】

1期  須賀潔様
5期  市村晃様
7期  安川卓男様
8期  植田真五様、水田敬二様
13期 磯部昌徳様、深城浩二様
18期 上之山直人様、武田昌明様、藤井裕様、山田秀治様
20期 加藤晃様
26期 小野貴広様、塩崎学様
27期 須藤謙一様
28期 渡辺大輔様
29期 甲斐隆宏様
30期 丸山亮太様
31期 柏田弘樹様
32期 丸山陽子様
37期 中野大地様、村田侑毅様
38期 青山祥子様、稲垣さわ子様、木下千鶴様、富山洋平様、根本友里恵様、
牧戸康祥様、村上隆大様、山本慧様、若松弘朗様
39期 山本華様
40期 遠藤愛子様、前田智行様、松尾沙織様
41期 金岡史樹様、児玉翔様、佐川恭平様、末田裕祐様、杉浦沙紀様、
沼田隼輔様、拝谷大嗣様、皆本沙稀様、宮良珠美様、横井雅人様
42期 上田樹里亜様、小島若緒様、高橋浩美様、山口真葵様

計49名

【会場にお越しいただいた後援会の方々】

計96名

【学校関係・その他】

計8名

総計153名

お忙しいところ、会場まで足をお運びいただき
誠にありがとうございました。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆第6節・専修大学戦につきまして

11月16日に専修大学との一戦が行われます。
昨年度、横国は試合時間残り2秒で
逆転Touch downを決め、専修を
12-9で下すという劇的勝利を収めました。
そのため、専修は昨年度の雪辱を果たしに
私たちを粉砕させる勢いで挑んでくるに違いありません。
それを覚悟し、私たちも専修を上回る勢いで試合に臨み、
今年度やってきたことを全て出し尽くして
最終節を絶対に勝利で収めたいと思います。

前節の東京大学戦では49名ものOB・OGの方々が、
そして後援会の方々を合わせると150名近くの方々が
会場に駆けつけてくださり、スタンドをオレンジ色に染めてくださいました。
その光景ほど心強いものはなく、相手に一発持っていかれたり、
切迫した状況にある際に、私たちにはこんなにも多くの味方がいる
と思うと底知れない力が湧いてきます。
専修大学戦は互いの勝利への想いが激しくぶつかり合う
厳しい一戦になると思われ、どうしても相手の流れができてしまう
一幕があるかもしれません。
そんな時、OB・OG皆様の温かいご声援が
私たちを突き動かしてくださいます。
どうか会場まで足をお運びくださいますようお願い申し上げます。

[分析]

現在4勝1敗と快進撃を遂げる
専修大学GREEN MACHINE。
昨年度同様、QB#9升川岳史選手(4年)率いる
Backs陣は安定した強さを持つ。
特に、第5節時点でRushingにおいてBIG8・2位の成績を誇る
WR#1梶川陸人選手(3年)には最大限の警戒をしたい。
Defense陣は昨年度からの選手の損失が少ない。
さらにLB#17田邊奨人選手(2年)は2年生ながらも
Interceptを何度も決める上、QB sackもするほど
その成長が目覚ましい。

★11月16日(日) vs専修大学
→時間:13:30 Kick off
→場所:アミノバイタルフィールド

入替戦は12月13日(土)・12月14日(日)の2日間、
場所は全試合アミノバイタルフィールドで行われます。

また、11月30日(日)に予定されておりました
神奈川大学戦につきましては、神奈川大学が今シーズン全ての
公式戦出場を辞退したため、不戦勝となりました。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆第5節・東京大学戦の戦評

11月2日に行われました東京大学戦の戦評を掲載いたします。

—————————————

横国のKickで試合開始。
東大は自陣21ydsから攻撃を開始し、テンポよく
前進を繰り返す。
敵陣36ydsからの攻撃Seriesで、
LB#5石田圭利(2年)がQB sackを成功させ、
東大のFresh獲得を阻む。
追い込まれた東大は敵陣29ydsからのFGを選択するも、失敗。

攻守交代し、横国は自陣30ydsから攻撃開始。
QB#16立石祥三(4年)がKeep runで
立て続けにFreshを獲得。
敵陣35ydsまでBallを進めると、
立石がWR#7常田俊也(4年)へLong Passを投じ、
Touch Downを決める。
K/P#3今野翔太(4年)がKickを決め、
横国が7点を先制する。
7-0。

ここで2Qに突入する。
両校互いに一歩も引かない攻防が繰り広げられ、
ゲームクロックが刻々と進む。
迎えた2Q後半、
東大Offenseは自陣15ydsから横国Defenseを振り切りつつ、
じわじわと敵陣深くまで攻め込み、敵陣19ydsまでBallを進める。
そして東大はTouch down passを成功させ、6点獲得。
Kickも成功し、さらに1点追加。
7-7。
同点となったところで前半終了。

試合は3Qに突入。
2Q同様に鎬を削る攻防戦が続く。
互いにさらなる前進をゆるさない。
中でも横国Defense陣はDL#99佐藤秀顕(2年)と
DL#58武田直也(4年)がQB sackを決め、
石田がPass interceptを決めるなど、攻めた守りを見せる。
しかし得点にはつながらず、両者得点がないまま4Qに突入。

4Qが始まるや否や、東大が自陣35ydsからLong passを成功させ、
大きく前進。
一気に敵陣10ydsまで詰め寄る。
そしてまたも絶妙なコントロールでPassを通し、Touch down。
Kickも成功し7点追加。
7-14。

4Qを迎えた中でのこの東大の追加点は、横国を精神的に追い詰める。
後がない横国Offenseは東大の強固な守りを前にして、
思うようにプレーが展開できない。
そんな中、横国Defense陣はLB#56國澤友哉(4年)が
QB sackを決めるなど、総がかりでCarrierに食らいつき
必死の思いで東大の得点を防ぐ。

横国Defenseの意志を引き継ぎ、
Offense陣も一気に攻め上げる。
自陣35ydsから攻撃を開始し、
立石が自らBallを持って走り、Fresh獲得。
その次の攻撃Seriesで横国は4th downに追い込まれるも
落ち着いて着実にGambleを成功させる。

そして敵陣30ydsからスタートした攻撃であるが、
立石から投じられたLong passを
相手Defense3人にぴったりとマークされた常田がCatch。
待望のTouch downを決める。
この時点で13-14。
そして試合時間は残り38秒。
FGを選択しタイブレイクにもつれ込むか、
2 point conversionを選択し一発逆転を決めるか。

そして、横国が選択したのは2 point conversion。
誰もが張り裂けそうな想いでフィールドに立つ選手を見つめている。
BallがSnapされ立石の手に渡ると、
鋭い弾道で常田にPassが投じられる。
勝負の行方がかかったこの一球は、
常田の胸にするりと収まった。
2 point conversionは成功。
2点を追加し、
15-14で横国は逆転を決めた。

そして攻守交代し、東大の攻撃であるが、
DL#25原岡良樹(2年)がQB sackを決め、
4th down 18ydsに追い込む。
この時点で試合時間は残り17秒。
東大はGambleを選択しPassを投じるも、
LB#52仁平雅人(4年)がPass cutを決め、
東大の逆転の夢を断ち切った。
そして試合終了。
15-14で横国の劇的勝利となった。

—————————————

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆第5節・東京大学戦の観戦記

11月2日に行われました第5節・東京大学戦の観戦記を
38期の山本慧様にいただきましたので紹介いたします。

—————————————

OB・OGの皆様、日頃よりお世話になっております。
38期の山本慧と申します。
現役時のポジションはRBで、
4回生時にはキックチーフをさせていただきました。
現在は長崎にて造船業に携わっており、
1年ぶりに試合を観戦することができました。

今回、東京大学戦勝利の場に立ち合うことができ、
とても幸運だったと思います。
私は現役時に東大に敗れており、
胸のつかえが取れる思いがしました。
反面、嫉妬心も少なからず芽生えてしまい、
大人気無いなと感じております。

試合を観ていると、
自然と学生時代の思い出が蘇ってきました。
楽しくも苦しい毎日でしたが、
好きな事を目一杯できるという幸せを、
社会人になって実感しています。

また、社会人となり別々の道を歩んでいる今でも、
現役当時と変わらず繋がりを持ち続けることができる、
同期をはじめとした仲間がいる事は自分にとって
最高の財産なのではないかと感じております。

現在、仕事では高操業が続いており大変な毎日ですが、
MASTIFFSで過ごした5年間を思えば、
まだまだ大した事は無いなと改めて思いました。
試合を通して元気をいただいたので、
気持ちを新たに過ごしていきたいと思います。

—————————————

山本様、ありがとうございました。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆OB・OGメールのHP移行のお知らせ

この度OB・OGメールはHP版へ移行します。
従来のメール方式では掲載が出来ませんでしたが、
HPでは写真を掲載することが可能になりました。
今後、部の近況や部員へのインタビュー記事などを、
写真を交えて掲載してゆこうと予定しております。
そして、読みたい記事が画面右端のアーカイブカレンダーから
簡単にお探しいただけます。
さらに、読みたいカテゴリーが掲載された記事は、
同じく画面右端の”OB・OGmailカテゴリー”をご利用いただくと
そのカテゴリーを含む記事が一覧で表示されます。

そして、アクセス方法ですが、
MASTIFFSのHPの画面右端の”Login”という枠内に
以下のユーザー名とパスワードを打ち込んでいただくと
OB・OGページにアクセスできます。

ユーザー名:obog
パスワード:ynuwin1971
[MASTIFFS・HP]

今年度は引き続きメール形式での配信も行い、
同時にHPの更新もいたします。
来年度以降はHPを更新した際に、その旨を皆様に
お知らせしていくよう、予定しております。

また、グッズページを新改装いたしましたので、
是非そちらも併せてアクセスしていただければと思います。
新しいグッズページはMASTIFFSのHPの上段の
”Goods”をクリックしていただければアクセス可能でございます。

[MASTIFFS・グッズページ]
http://mastiffs.base.ec/

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽