2014年12月3日号

2014年12月3日

◆2014年度1部リーグBIG8最終結果
◆2015年度リーグ編成につきまして
◆年内の取り組み

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

MASTIFFS OB・OGの皆様

いつもお世話になっております。
横浜国立大学アメリカンフットボール部
MASTIFFS・マネージャー新3年生の山崎麻衣です。

11月29日(土)に行われたBIG8校の最終節の勝敗結果により、
私たちの1部リーグBIG8残留が決定いたしました。
振り返ってみますと、毎回試合会場で
多くのOB・OGの方々の姿を拝見しました。
力強くチアスティックを叩いてくださったり、
大事な局面で「頑張れ!頑張れ!」と喝を入れてくださったりと
皆様には終始力強く支えていただきました。
その他にも「遠方から勝利の報告を待っています」
「勝利を祈念しております」
「悔いの残らぬよう頑張ってください!」
など、数多くの温かいお言葉をいただきました。

MASTIFFSに関わる全ての人の力で成し遂げた
「1部死守」である、と強く感じております。
応援に駆けつけてくださった方々、
遠方から勝利を祈ってくださった方々、
喜びを分かち合ってくださった方々、
全ての方々に心から感謝申し上げます。
来年度も「勝つこと」にこだわり続け、日々高い向上心のもと
熱心に練習に励んでゆきます。
これからも変わらぬご支援の程、どうぞ宜しくお願い致します。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆2014年度1部リーグBIG8最終結果

1位 専修大学(6勝1敗)
2位 拓殖大学(5勝2敗)
3位 駒澤大学(5勝2敗)
4位 横浜国立大学(4勝3敗)
5位 上智大学(3勝4敗)
6位 東京大学(3勝4敗)
7位 東京工業大学(2勝5敗)
8位 神奈川大学(0勝7敗)

以上の結果となりました。
勝敗数が同じ場合は、当該校間の直接対決の勝敗により
順位が決定しております。
もしも私たちがある試合で負けていたら2部リーグ校との入替戦、
勝っていたら1部リーグTOP8校との入替戦の出場の可能性があった、
ということがうかがえます。
中でも7-13というスコアで私たちが負けた上智大学戦では
前半で2回ものTurn overを許した上、
逆転勝利が狙える大事な場面での反則、Fumbleなどのミスが目立ちました。
些細なミスが最終結果にどれだけ影響を及ぼすかを痛感いたしました。
来年度のシーズンではその後悔、反省を十分に活かしてゆきます。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆2015年度リーグ編成につきまして

12月13日(土)、14日(日)に行われる入替戦までの
暫定的なリーグ編成は以下の通りで、横浜国立大学は
2015年度1部リーグBIG8・4位校となりました。

【1部リーグTOP8】

1位 日本大学
2位 法政大学
3位 慶應義塾大学
4位 早稲田大学
5位 中央大学
6位 明治大学
7位 ※
8位 ※

【1部リーグBIG8】

1位 ※
2位 ※
3位 駒澤大学
4位 横浜国立大学
5位 ※
6位 ※
7位 ※
8位 ※

【2部リーグAブロック】

1位 ※
2位 ※
3位 明治学院大学
4位 東京学芸大学
5位 筑波大学
6位 東洋大学
7位 ※
8位 ※

【2部リーグBブロック】

1位 ※
2位 ※
3位 国士舘大学
4位 青山学院大学
5位 成蹊大学
6位 桜美林大学
7位 ※
8位 ※

※印の箇所は入替戦次第で所属校が決定しますので、
次回のOB・OGメールにてご連絡させていただきます。

神奈川大学は2014年度の公式戦を全試合辞退したため
自動的に2部リーグ降格となり、入替戦組み合わせ抽選で
神奈川大学との対戦となった東海大学は自動的に
1部リーグBIG8昇格となります。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆年内の取り組み

現在新しいチーム体制で部活動をスタートさせております。
年内は12月13日(土)までグラウンドでの練習を行います。
この期間内は「質の高いGroup練習」を行えるよう、
主に新2年生のPhysical面、Fundamental面の向上に重きをおき、
同時に上級生も共にそれらの面で成長を遂げることができるよう
取り組んでまいります。

入替戦に出場する他のチームは今もなお、
底知れない向上心と熱い闘志を抱きながら練習に励んでおります。
早くも来年度に向けての取り組みができる私たちは
そのような大学より質の高い練習をし、今のうちから差をつけた上で
来年度のシーズンを有利に進めてゆきたいと考えております。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽