2014年10月3日号

2014年10月3日 カテゴリー:試合のご報告,戦評,1年生紹介

 

◆第2節・駒澤大学戦のご報告
◆第3節・上智大学戦につきまして
◆第2節・駒澤大学戦の戦評
◆1年生紹介④

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

MASTIFFS OB・OGの皆様

いつもお世話になっております。
横浜国立大学アメリカンフットボール部
MASTIFFS・マネージャー2年生の山崎麻衣です。

9月27日(土)の駒澤大学戦を終え、秋リーグ戦はあと4試合となりました。
どの対戦校も実力を備えたチームであり、
モメンタムを握られてしまう場面があるかと思います。

実際に今までの2試合の中でもそのような場面がございました。
そのような苦しい状況の中でも、自分たちが信じて取り組んできたことを出し切るという
強い気持ちを持ち続けなければなりません。
そのためにはスタッフや試合に出ない1年生など、サイドラインにいる部員も
今まで以上に良い雰囲気を作ることに尽力しなくてはならないと考えております。

そして、多くの方々からいただく温かく、熱いご声援は、
フィールドで戦う選手達の力強い支えとなります。
選手、スタッフ、応援に来てくださる方々それぞれの力を合わせ、
試合を良い方向に持ってゆき、チームのシンボルである「狂犬」の名に
相応しい戦いをしてゆきたいと思いますので、どうかOB・OG皆様のお力をお貸し下さい。
ご支援、ご声援のほど、宜しくお願い致します。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆第2節・駒澤大学戦のご報告

9月27日(土)にアミノバイタルフィールドにて駒澤大学戦が行われました。
BIG8最強との呼び声も高い駒澤Offenseに苦戦を強いられ、
13-34で駒澤大学に勝利を許す結果となりました。
Offense・Defense共に思うようなPlayができない場面が多々あり、
選手・スタッフ一同非常に悔しい思いをしました。
この戦いでチームの現状・課題が浮き彫りになったと捉え、
それを認め、受け止めたうえで今後の強豪校との試合に挑んでまいります。

[試合結果]

9月27日(土) 14:00 Kick off
@アミノバイタルフィールド
横浜国立大学-駒澤大学

第1Q 3-7
第2Q 0-7
第3Q 3-13
第4Q 7-7

Total 13-34

【会場にお越しいただいたOB・OG会の方々】

1期  須賀潔様
7期  安川卓男様
8期  植田真五様、水田敬二様
13期 深城浩二様
18期 藤井裕様
29期 甲斐隆宏様
31期 柏田弘樹様、安村顕様
33期 安村優佳様
36期 千島真平様
37期 千島和花子様、村田侑毅様
38期 富山洋平様
39期 三國健一郎様
40期 前田智行様
41期 末田裕祐様、宮良珠美様
42期 上田樹里亜様、山口真葵様

計20名

【会場にお越しいただいた後援会の方々】

計45名

【学校関係・その他】

計6名

総計71名

お忙しい中会場までご足労いただき、ありがとうございます。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆第3節・上智大学戦につきまして

駒澤大学戦から1週間後の10月4日(土)には上智大学戦が行われます。
今年度の目標「1部死守」を成し遂げるためには
何としてでもこの試合で結果を残した上で、
4戦目以降の試合に向かっていかなければなりません。
上智大学戦まで限られた練習回数しか残されておりませんが、
その中で駒澤大学戦での反省を活かし、さらに士気を高め、
来たる試合に臨んでまいります。
温かいご声援を会場でお待ちしております。

[分析]

2人の主力QBを擁する上智大学GOLDEN EAGLES。
QB#7松間一晃選手(4年)はPass playを、
QB#10伊藤大悟選手(3年)はRun playを展開する傾向にあり、
両Playを使い分けてくることが予想される。
特に松間選手と、昨年度の関東リーグ1部・Leading receiverに輝いた
WR#10木俣達郎選手(4年)の連携には要注意である。
また、DL#92堀幹直選手(4年)は身体が大きく、
非常に強い力で押し込んでくるためOL陣の粘りが試される。

★10月4日(土) vs上智大学
→時間:13:30 Kick off
→場所:アミノバイタルフィールド

4戦目以降の試合の詳細を再掲させていただきます。

★10月18日(土) vs拓殖大学
→時間:13:30 Kick off
→場所:アミノバイタルフィールド

★11月2日(日) vs東京大学
→時間:13:30 Kick off
→場所:アミノバイタルフィールド

★11月16日(日) vs専修大学
→時間:13:30 Kick off
→場所:アミノバイタルフィールド

入替戦は12月13日(土)・12月14日(日)の2日間、
場所は全試合アミノバイタルフィールドで行われます。

また、11月30日(日)に予定されておりました神奈川大学戦につきましては、
神奈川大学が今シーズン全ての公式戦出場を辞退したため、不戦勝となりました。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆第2節・駒澤大学戦の戦評

9月27日に行われました駒澤大学戦の戦評を掲載いたします。

—————————————

横国のKickにより試合開始。
駒澤の最初の攻撃をPuntに追いやり、横国に攻撃権が移る。
自陣30ydsからRB#20伊良皆佑(3年)がRunによって37ydsをGain。
一気に敵陣24ydsまで進む。
さらにOL陣の力強いBlockと伊良皆のRunによってゴールライン前9ydsまで迫る。
しかしEnd zoneまでBallを運びきれず、横国はFGを選択。
K/P#3今野翔太(4年)が敵陣8ydsからのFGを成功させ、3点を獲得。
3-0。

攻守交代し、駒澤の攻撃。
自陣26ydsから、一気に敵陣39ydsまで進み、さらに敵陣4ydsまで攻め込む。
そしてTouch down、Kickも成功させ駒澤7点獲得。
3-7。

ここで2Qへ突入。
駒澤のエース・RB#22神田龍斗選手(4年)のRunを止めることができず、
またもTouch downを許してしまう。
Kickを成功させ、7点追加。
3-14。

続く横国の攻撃。
自陣28ydsからQB#16立石祥三(4年)から
伊良皆へのLong passが通り、Freshを獲得。
自陣42ydsからの攻撃でWR#7常田俊也(4年)が
迫りくる敵をものともしない勢いで走り抜け、Freshを獲得。
敵陣40ydsまで進むものの駒澤の粘り強いDefenseに行く手を阻まれPuntに終わる。

ここまで駒澤に流れを掴まれ続けている横国だがDefense陣が奮闘する。
LB#52仁平雅人(4年)とDL#58武田直也(4年)が
駒澤のQBめがけて飛びかかり、QB sackに成功。
さらに仁平がもう一度OL陣の狭い間を駆け抜け、QB sackを決め、Puntに追いやる。

その後両者ともに得点には至らず
前半終了。

後半に入るやいなや、駒澤が自陣34ydsから一気に陣地を広げ、Touch down。
そしてKickが成功し、7点追加。
3-21。

ここで横国も追い上げを見せる。
常田へのPass成功や伊良皆のRunにより自陣31ydsから敵陣25ydsまで徐々に前進。
4th downに追い込まれたが今野がFGを成功させ、3点追加。
6-21。

その後、駒澤の勢いは止まらず
3Qの終わりに6点、4Qが始まってすぐ7点を追加。
6-34。

横国を大きく突き放した。
試合時間が残りわずかとなる中横国OffenseはRun playを中心に敵陣20ydsまで攻め込む。
このチャンスを逃すわけにはいかない。
そしてRB#27草野佑介(2年)がゴール前2ydsまでBallを運び、
さらにもう一度草野が相手Defenseの間に体を押し込みTouch down。
Kickも決めて、7点追加。
13-34で、試合を締めくくった。

—————————————

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆1年生紹介④

全4回にわたった1年生紹介は今回で最後となります。
今回は第2のプレイヤーとしてチームを支えるスタッフ9名の紹介です。

◆MG

◇伊藤麻理亜/-/三重県立川越/三重
「早く一人前のMGになれるように一生懸命頑張ります」
本当に1年生?と感じる程にてきぱきと動く。
教わったことや反省は即座にメモを取るなどして、
常に次に活かすことができるようにしている。

◇小林真子/-/静岡県立浜松北/静岡
「早く仕事を覚えて明るく元気に頑張ります!」
1年生ながらも常に落ち着き、冷静にグラウンドを見渡す。
また、指示をもらう前から能動的に行動する姿が◎。
彼女のコメントは意外と辛口。

◇鈴木菜央/-/神奈川県立相模原/神奈川
「皆様のお役に立てるよう、そして迷惑をおかけしないように頑張ります」
懸命にグラウンドを駆け回り、仕事を一生懸命覚えようとする姿が◎。
斬新なアイデアに上級生が驚かされることもしばしば。
グッズ製作や広告作成などで持ち前のセンスをいかんなく発揮している。

◆TR

◇井尻七海/ハンドボール/東京学芸大学付属/東京
「早く仕事を覚えて能動的に動けるスタッフになる」
練習中も選手への気配りを怠らず、けがの防止に努めている。
練習中や試合中など常に冷静に動いており1年生とは感じられないシーンも。

◇田中芙美子/-/桐朋女子/神奈川
「チーム強化の貢献になるよう頑張ります」
選手強化のため人一倍選手のフォームや
体の使い方などに対する指摘の声を出している姿が◎。
半袖短パンの元気な姿が印象的。

◇中村桃子/-/新潟県立柏崎翔洋中等教育/新潟
「気を抜かずに頑張ります」
入部から色々なTR業務を覚え、一人で考えて動けるように大きく成長。
声出しも懸命に行っている。
そのゆったりとした喋りに皆が癒される。

◇長谷川朝香/テニス、水泳/聖心女子学園/神奈川
「チームの勝利に貢献できるTRに!」
手先が器用な彼女は入部以前テーピングをした経験がないにも関わらず、
テーピングの巻き方が上手くTR上級生を驚かせるほどである。
その腕に期待大。

◇羽田野美晴/ハンドボール/愛知県立時習館/愛知

「気持ちはプレーヤー!!」
グラウンドの雰囲気作りのため、入部間もない頃から元気な声で選手を鼓舞している。
そんなパワフルな彼女は練習外ではその天然さで、皆を笑わせている。

◆AS

◇木村圭佑/テニス、野球、ゴルフ/東京学芸大学付属/東京
「アメフトの勉強頑張ってチームに貢献したいです!」
アメフトの細かい知識や数多くの複雑なフォーメーションを吸収中。
AS上級生から期待がかかる彼は独自の世界観を持ち、周りをしばしば驚かせる。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

2014年9月4日号

2014年9月4日 カテゴリー:1年生紹介,企画「憧れリレー」

 

◆第1節・東京工業大学戦につきまして
◆第2節・駒澤大学戦につきまして
◆オレンジ・キャンペーン、始動
◆夏合宿のご報告
≪夏合宿にお越しくださったOB・OGの方々≫
≪夏合宿に差し入れをして下さったOB・OGの方々≫
◆1年生紹介③
◆企画第5弾

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

MASTIFFS OB・OGの皆様

お世話になっております。
横浜国立大学アメリカンフットボール部MASTIFFS・マネージャー2年生の山崎麻衣です。
8月が過ぎ去り、ついに9月がやってまいりました。
間もなく秋シーズンの開幕です。
初戦となる9月14日の東京工業大学戦までの残り練習回数が一桁となり、
緊張感を抱くとともに、目の前の相手を倒す、という
強い思いを抱きながら爛々と目を光らせ練習に励んでおります。

選手だけでなく、スタッフも秋シーズンに向けた練習の雰囲気作りに取り組んでおります。
部員一丸となり、来たるBIG8での戦いに挑んでまいります。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆第1節・東京工業大学戦につきまして

2014年度秋シーズン、私たちが戦う最初の相手は
関東1部リーグBIG8・8位に位置する東京工業大学です。
2013年度春シーズンにて私たちは20-0で勝利しておりますが、
現在1、2年生選手が多い、若いチームの私たちは
挑戦者としての気持ちを持ち、勝ちに向かいます。
この試合で勢いをつけ、
以降の試合に繋げてまいりたいと思いますので
是非ともOB・OG皆様のお力をお貸し下さい。
温かいご声援を部員一同心よりお待ちしております。

★9月14日(日) vs東京工業大学
→時間:17:00 Kick off
→場所:アミノバイタルフィールド

[分析]

昨年の秋シーズン、7試合中6試合で白星をあげ、
1部昇格を果たした東京工業大学BUFFALOES。
春シーズンでは強豪・日本大学を相手に300ydsのGainを達成した。
主力QBを3人擁し、中でも俊足の4年QB#9柳敦之選手は
Defense陣がいかにKeep runに対処しきれるかが試される。
4年RB#21保坂雄大選手は機敏な動きで敵を翻弄する。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆第2節・駒澤大学戦につきまして

東京工業大学戦の2週間後に私たちが戦うのは駒澤大学です。
初戦で戦う東京工業大学同様に、昨年の秋シーズンで1部BIG8昇格を達成した
勢いのあるチームです。
Offenseが特に強いため、Defenseの対応力が高く求められる一戦となります。
OB・OGの皆様にお力添えいただき、より良い結果を残すことができるよう
選手・スタッフ共に努めてまいります。

[分析]

Run主体のOffenseの複雑な隊形を武器とする駒澤大学BLUE TIDE。
その攻撃を止めることはTOP8のチームにとっても至難の業である。
中でもRB#22神田龍斗選手(4年)は今年の春オープン戦で日本大学のSafetyを置き去り、
70ydsを独走しTouch DownするなどBIG8トップクラスの走りを見せる。
また、Defenseについてもリアクションとタックルが素早い。
DB#14青島秀平選手(2年)は高いPass Coverage能力を持つため強い警戒が必要である。

★9月27日(土) vs駒澤大学
→時間:14:00 Kick off
→場所:アミノバイタルフィールド

3戦目以降の試合の詳細を再掲させていただきます。

★10月4日(土) vs上智大学
→時間:13:30 Kick off
→場所:アミノバイタルフィールド

★10月18日(土) vs拓殖大学
→時間:13:30 Kick off
→場所:アミノバイタルフィールド

★11月2日(日) vs東京大学
→時間:13:30 Kick off
→場所:アミノバイタルフィールド

★11月16日(日) vs専修大学
→時間:13:30 Kick off
→場所:アミノバイタルフィールド

★11月30日(日) vs神奈川大学
→時間:15:00 Kick off
→場所:アミノバイタルフィールド

入替戦は12月13日(土)・12月14日(日)の2日間、
場所は全試合アミノバイタルフィールドで行われます。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆オレンジ・キャンペーン、始動

2014年度秋リーグのMASTIFFS応援企画として
「オレンジ・キャンペーン」が始動します。
「オレンジ・キャンペーン」とは、MASTIFFSの試合の応援の際に、
観客席をチームカラーであるオレンジ一色に染めようという趣旨の企画です。
そのため応援に来てくださる方一人一人が何か一つ、
オレンジ色のものを身に着けていただければ幸いです。
例としてはタオル、Tシャツ、帽子などが挙げられますが、
オレンジ色でしたら何でも構いません。
観客席の一体感を高めた上で、皆様の応援の力を
フィールドに立つ選手に届けましょう。
ご協力の程、宜しくお願い致します。
また、2014年度に開設いたしましたMASTIFFS公式Facebookでは
試合のお知らせやハイライト、練習の様子などを随時更新しております。
秋シーズンの開幕戦に向け、試合までのカウントダウンページを設けます。
Facebookをご利用の方は、是非一度チェックしてください。
「横浜国立大学 アメフト Facebook」で検索していただきますと
ページをご覧になれます。

【MASTIFFS公式Facebook】

→https://ja-jp.facebook.com/YNUmastiffs

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆夏合宿のご報告

8月14日から8日間、群馬の尾瀬にて夏合宿を行いました。
一日のほぼ全ての時間をアメフトに費やし、部員同士でコミュニケーションを密にし、
文字通りアメフト漬けの日々を送りました。
合宿後半では連日暑い日差しの中での練習となりましたが、
主将・副将を中心に良い雰囲気を作り、
各々秋シーズンで戦う相手を意識し、技術の向上に励んでまいりました。

そして普段は中々お会いすることのできないたくさんのOB・OGの方々が
合宿所までお越し下さいました。
様々な場面でご協力いただきましたので、
そのご恩を結果でお返しすることができるよう日々精進してまいります。

≪夏合宿にお越しくださったOB・OGの方々≫

1期 須賀潔様
38期 伊藤祐介様、富山洋平様
40期 遠藤愛子様、佐山航洋様、出口景介様、中野敦雄様、前田智行様
41期 金岡史樹様、末田裕祐様、福井陽様、藤野暢様、横井雅人様
42期 上田樹里亜様、小島若緒様、髙橋浩美様、山口真葵様

≪夏合宿に差し入れをして下さったOB・OGの方々≫

1期 須賀潔様
38期 伊藤祐介様
40期 江見陽介様、遠藤愛子様、佐山航洋様、出口景介様、中野敦雄様
41期 伊ヶ﨑哲平様、末田裕祐様、杉浦沙紀様、辻本早稀様、永山陽奈子様、
町田和香奈様、皆本沙稀様、宮良珠美様
42期 上田樹里亜様、小櫃萌佳様、小島若緒様、髙橋浩美様、山口真葵様

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆1年生紹介③

前回に引き続き、1年生の紹介をいたします。
今回は選手10名の紹介です。
1年生紹介の最後となる次回号はスタッフ11名の紹介となります。

◇信原健人/160/58/サッカー/近畿大学付属和歌山/和歌山
「少しでもチームに貢献できるよう頑張ります」
現在RBとして練習に参加。
入部当初に比べ、相手に対して思いっきり突っ込むことができるように。
普段は癒しキャラとして皆を和ませる。

◇福岡和弥/173/65/野球/静岡県立袋井/静岡
「頑張ります」
現在QBとして練習に参加。
野球部の投手経験があるため球のコントロールが抜群に良い。
同期QBの朝倉と共に日々技術を磨く。

◇福田優治/183/95/野球/関東学院六浦/神奈川
「秋から試合に出られるよう頑張ります」
現在DLとして練習に参加。
立正大学戦では1年生とは思えない活躍ぶりを見せた。
その後の練習でも先輩に指摘されたことを真摯に受け止め実行に移し
日に日に強くなっている。

◇堀越幹生/169/72/サッカー、陸上/広尾学園/東京
「マッチョになって早く試合に出られるように頑張ります!」
現在RBとして練習に参加。
入部当初に比べ明らかに体が大きくなった。
その体と陸上部で鍛えた足を武器に今後活躍すること間違いなし。

◇武藤拓也/188/77/軟式テニス/栃木県立宇都宮/栃木
「強いDLになれるよう頑張ります」
現在DLとして練習に参加。
上級生から指摘されたことを素直に受け止める。
その長い手足を生かしたプレーに期待大であるが、Weightが今後の課題である。

◇村中俊公/169/57/野球/明星/大阪
「必死こいて頑張ります、よろしくお願いします」
現在TEとして練習に参加。
小柄ながらも自分より大きい相手に思い切りよくBlockをする。
最近はPass catchの成功率が上がり、日々の練習の成果が顕著に表れている。

◇森亮太/172/73/野球/岡山/岡山
「文武両道目指して頑張ります」
現在LBとして練習に参加。
普段はおっとりしているが、練習中は一変。
同期LBの高い向上心に刺激を受けながら切磋琢磨している。

◇山下哲史/175/68/野球/札幌市立札幌旭丘/北海道
「早く力になれるよう精進します!」
現在DBとして練習に参加。
1年生の中でも人一倍上級生へ質問を投げかけ課題解決のための努力を惜しまない。
スタミナと足の速さを武器にしている。

◇李嘉隆/193/90/バスケ/中越/新潟
「見かけ倒しで終わらないよう頑張ります」
現在OLとして練習に参加。
部内一の高身長を生かしたより強度の高いBlockができるよう鍛練中。
普段は温厚でよく笑いOL内を和ませる。

◇渡邉優介/171/129/柔道/郁文館/東京
「立派なDLになれるよう頑張ります!!」
現在DLとして練習に参加。
柔道部出身ということもあり、1年生の中で一番体格が良い。
普段はよくしゃべり、場を賑やかしている。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆企画第5弾

現役時代を振り返っていただき、憧れの人をリレー形式で
紹介する企画ですが今回で第5弾となります。
今回は29期の甲斐隆宏様の憧れの人を紹介させていただきます。

—————————————

皆さん、はじめまして。
29期の甲斐と申します。
1997年から2000年までMASTIFFSでプレーしていました。
ちなみにポジションは、1・2年時はDL、3・4年時はOLです。

今回憧れリレーということで
MASTIFFSを引退してもう14年経ちますが、学生時代を思い出して書いてみようと思います。
私にとって尊敬する先輩と言えば、どの代の先輩方も
素晴らしい方ばかりで名前を挙げたらきりが無いのですが、
その中でも「憧れの先輩」を挙げさせていただくならば
私が入部当時にOLで主将をされていた土屋達也さん(以降、達さん)になります。

私は入部当初はライン以外のポジションを希望していたのですが、
スクリメージ練習のときの達さん(当時達さんは両メン)の力強いQBサックを見て、
「俺も達さんのような強いラインになりたい!!」と思い、
ラインをやる決心をしました。

1年生時の私の達さんの印象は、鬼のように強く、
試合でも敵なしで、まさに私にとって「最強のライン」でした。
あまりにも最強という印象が強すぎて、私が4年生のときでも、
「俺たちはまだまだ達さんの強さの足元にも及ばないないぁ」
と同期で同じOLをやっていた藤井と話していたのを今でも覚えています。

そんな達さんですが、練習の合間や、練習後などはいろいろと面白い話をしてくれ、
またお酒があまり飲めないので飲み会では隅っこのほうで
ニコニコしながら1リットルパックの牛乳を飲んでいる姿がとても印象的でした。

私が1年生のときのMASTIFFSはまだ3部に所属しており
2部昇格を目指していたチームでした。
当時、2部へ昇格するためには同じブロックに所属している
防衛大学を倒さなければならず、そのために合宿を組むほど、
防衛大に勝つために猛練習に打ち込んでいました。
しかし、結果は防衛大に負け、その時点で4年生のシーズンは終了となりました。
試合後、涙に暮れる4年生の中で、無念の表情の達さんの姿を今でも覚えています。

それから3年後、私が4年生としての最後の試合で、
奇しくも再度防衛大と試合をすることが出来、
そして勝って達さんたちのリベンジを果たすことが出来たことが、
私のMASITIFFSでの4年間の一番の思い出です。

長々となってしまいすみませんが、
最後に私事ですが今年から大学引退以来14年ぶりにアメフトをすることにしました。
ポジションはもちろん学生時代と同じOLです。
年齢的にもチーム内では上から数えたほうが早いぐらいの新人ではありますが、
今でも練習中に思うことは
「達さんのような強いラインになりたい!!」です。

現役の皆さんもそれぞれ憧れの先輩はいるかと思いますが、
その人に追いつき、追い越し、そしていつかは自分自身が憧れの存在になれるように、
日々頑張ってください。

—————————————

甲斐様、ありがとうございました。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽