2015年6月5日号

カテゴリー:戦評試合のご報告

——-OB・OG メール6/5号——-

◆北海道大学戦のご報告
◆東北大学戦のお知らせ
◆春オープン戦日程のお知らせ

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

MASTIFFS OB・OGの皆様

お世話になっております。
横浜国立大学アメリカンフットボール部
マネージャー3年の木村美波です。

関東地方もまもなく梅雨入りと言われ、
雨の多い季節になります。
悪天候の中、状態の悪いグラウンドで練習を行うときは、
怪我をしないよう、
入念にテーピングで入念に予防をしております。
しかし、どんな天候でも
必ずひとつ成長して帰るという向上心は忘れず、
熱のある練習を行ってまいります。

春オープン戦につきましては、
先日の北海道大学戦にて今年度初の白星を挙げました。
お忙しい中会場まで足を運んでくださった皆様、
ご声援を下さいまして誠にありがとうございました。
しかしながら、1部の舞台で戦っていくためには
今のチーム力ではまだ不十分です。
秋リーグ戦で勝利を得るために、
一人一人が強くなりたいという確固たる意思を持って
日々成長してまいります。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆北海道大学戦のご報告

5月31日(日)に行われました北海道大学との一戦は
横浜国立大学が勝利しました。
3Qまでは終始拮抗した試合展開でしたが、
4Qでモメンタムを掴んだ横浜国立大学が
一気に点差を突き放しました。
しかしFundamentalなどの課題も見られ、
その課題と真剣に向き合わなければ
秋リーグ戦での勝利はありません。
決して慢心することなく、
課題克服に努めてまいります。

[試合結果]
5月31日(日) 14:50 Kick Off
@アミノバイタルフィールド
横浜国立大学-北海道大学

1Q 0-3
2Q 10-7
3Q 0-3
4Q 17-0

TOTAL 27-13

〈戦評〉
北大のKickにより試合開始。
1Q序盤、北大がRun playで30ydsものLong gain。
その後も北大は着実にDownを更新していく。
ここは横国DefenseがなんとかFGに抑え、0-3。
先制点を許してしまう。
このままではいられない横国。
WR#15大橋俊亮(2年)が
北大Defenseを振り切りPass catchし、
Ballをそのまま運んで38ydsのLong gain。
しかしその後の攻撃が繋がらず、FGも失敗に終わる。
1Q終了間際、北大PunterがPuntする前にKnee down。
これによって、敵陣20ydsからの攻撃権を得た横国Offenseであったが
Run、Passともに噛み合わず、FGに終わる。
DB/K#13岩﨑朝廊(2年)がKickを決めて3-3。同点に追いつく。

2Qに入ると、横国Offenseが攻撃のリズムに乗り始める。
RB#27草野佑介(3年)、QB#9平野幸希(3年)のRunで
Freshを獲得すると、
再び草野が25ydsを一気に走り抜けTouch down。
TFPも決まり、10-3とリードする。
このまま後半へと繋げたいところであったが、
QB#12福岡和弥(2年)が投じたPassがInterceptされ、
攻守交代。
続く北大の攻撃で、一気に約80ydsを独走され
Touch downを決められてしまう。
続くKickも決められ10-10。同点のまま前半を折り返す。

3Q序盤は、互いにPuntを蹴り合う展開となるが
先に流れを掴んだのは北大であった。
Run playで20ydsをGainすると、
その後も次々とFreshを獲得し
Goal前8ydsまで前進する。
たまらず横国はTime outを取り、なんとかFGに抑え込むも、
北大のKickは成功し、10-13。逆転されてしまう。

しかし4Qに突入すると、
横国Offenseが反撃の波に乗り始める。
RB草野が北大Defenseを押しのけ、
60ydsもの独走Touch downを決める。
TFPも決まり、17-13。逆転に成功する。
ここで流れを掴んだ横国は
その後の北大の攻撃をPuntに抑え、
自陣40ydsから攻撃を開始する。
RB#20伊良皆佑(4年)が、
OLのBlockにより空いた走路を一気に駆け抜け、
そのままEnd zoneへ。
DB/K岩﨑のKickは成功。24-13とする。
このまま逃げ切りたい横国。
ここでOffenseに負けじと
Defenseが奮闘する。
LB#47森亮太(2年)が素早くLoss tackleを決め、
北大の攻撃をPuntに抑えると
続いてLB#41井上慎太朗(2年)が
北大QBをSackし、FumbleしたBallを
DL#55能勢隆大(1年)がRecover。
試合時間残りおよそ1分、
敵陣12ydsからの横国Offenseとなる。
最後は岩﨑が14ydsのFGを落ち着いて決め、
得点に繋げる。27-13。
ここで試合終了。横国が春オープン戦初勝利となった。

【会場にお越し頂きましたOB・OGの皆様】
1期 須賀潔様
37期 村田侑毅様
40期 高里翔様
41期 末田裕祐様
43期 雷田康友様

計5名

【会場にお越し頂きました後援会の皆様】 計38名

【一般・その他】 計1名

総計 44名

日差しの強い中でしたが、
暖かいご声援をありがとうございました。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆東北大学戦のお知らせ

6月13日(土)に東北大学との一戦を行います。
一昨年より2年連続で行ってまいりました東北大学戦ですが、
今年から定期戦という位置づけに変え、
毎年この春オープン戦で対戦することに致しました。
リーグは違いますが、同じ国立大学同士、
互いに成長していけるような関係を
築いていきたいと思っております。
また、昨年の対戦時には
横浜国立大学のスタミナ切れが目立ちました。
Runなどのトレーニングにもしっかりと取り組み、
万全の状態で試合に挑みます。

〈東北大学HORNETS分析〉
東北大学は主将LB#28三浦峻(4年)を中心とした
統率のとれたDefenseを武器とするチーム。
春オープン戦では既に2試合、相手を完封しており、
その強さは折り紙付きである。
特にDL#51長友彬人(4年)の力強いPass Rushには
警戒が必要だ。
この強大なDefenseを前に、
横国Offenseがいかに自分たちのプレーをすることができるかが
勝負の決め手となる。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆春オープン戦日程のお知らせ

・6/13(土)―東北大学戦(定期戦)
→時間:17:00 Kick off
@大井第二球技場

・6/28(日)―立正大学戦(JV戦)
→時間:14:00 Kick off
@横浜国立大学Gr.

公共会場で行われる試合は次戦が最後です。
是非スタンドからの熱い応援を、
よろしくお願い致します。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

木村美波
【kimura-minami-kt@ynu.jp】

2015年5月21日号

カテゴリー:戦評試合のご報告企画「忘れられない○○」

***OB・OG メール5/21号***

◆関東学院大学戦のご報告
◆北海道大学戦のお知らせ
◆春オープン戦日程のお知らせ
◆本年度よりグラウンドにお越し頂きましたOB・OGの皆様
◆夏合宿の日程につきまして
◆企画第一弾

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

MASTIFFS OB・OGの皆様

いつもお世話になっております。
横浜国立大学アメリカンフットボール部
3年マネージャーの豊田志織です。

5月中旬に入り、
日増しに暑さが
厳しくなってきました。
日々の練習で
怪我をすることがないよう、
暑い中でも集中力を切らさず
目の前の1Play1Playに集中し
最後までやりきることを
徹底していきたいと思います。

また、今週より1年生が
スタイル練習を開始しました。
まだ慣れないHitに戸惑いつつも
上級生の指導のもと
思い切り練習しています。
向上心溢れる1年生の姿に、
上級生も刺激を受けています。

先日行われました関東学院大学戦を含めて
春オープン戦3試合が終了しましたが、
未だ白星がひとつもありません。
上級生が少なく、戦力の多くを
2年生に頼らねばならないチーム状況です。
そのため、対戦したチームに比べ、
Skill面で勝っていたとは言えませんが
なによりも、相手を倒すという闘争心が
決定的に足りていなかったのだと感じました。
次戦までの2週間、
連敗しているという危機感を
グラウンドにいる全員が持ち
行動として示すことで
勝つことのできる練習を
作っていきたいと思います。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆関東学院大学戦のご報告

5月17日(日)に関東学院大学との試合を行いました。
当日は、3名の1年生選手が出場し
今後の活躍を期待させる
堂々としたPlayをみせました。

関東学院大学は、昨年3点差で惜敗した相手だけに
その借りをいかにして返すかを課題として挑みましたが、
結果は7-42と大敗を喫することとなりました。
神戸大学戦、神奈川大学戦と同様に
前半は互角に戦うも、後半ではたちどころに点を決められ、
結局最後まで立ち直ることができないという試合展開でした。
この試合を通じ、今のMASTIFFSは
1部で戦い抜くことのできるチームには
まだほど遠いのだと痛感させられました。
相手にやられ続けるだけとなった悔しさを
次戦以降必ず晴らせるよう、
これからの取り組みに生かして参ります。

[試合結果]
5月17日(日)10:45 kick off
@アミノバイタルフィールド
横浜国立大学-関東学院大学

1Q 0-7
2Q 0-0
3Q 7-21
4Q 0-14

TOTAL 7-42

<戦評>

横国のKickにより試合開始。
第1 seriesは関院のRunを止められず
ゴール前3ydsまで攻め込まれる。
しかしここでDB/K#13岩﨑朝廊のLoss tackleや
DB#32南野凌一朗(3年)のPass interceptなど、
Defenseの好プレーが続き窮地を脱する。
続く第2 seriesはRB#20伊良皆佑(4年)の
Runなどでゴール前17ydsまで進むも
FGに失敗。
先制のチャンスを逃した横国は1Q終盤、
関院の俊敏なRunにDefenseの隙を抜けられ
Touch downを許す。
Kickも決められ0-7。
2Qは終始互いに厳しい守りを見せ、
Puntを蹴り合う展開となる。

後半は関院のKickで始まる。
このKickでWR#83原島拓也(3年)が
ゴール前32ydsまでのReturnを決める。
しかしこのチャンスをものにできず、
このSeriesはPuntに終わる。
次Series、関院RBの力強いRunを止められず、
76ydsのLong gainを許し関院のTouch down。
0-14。
点差を縮めたい横国は、RB#27草野佑介(3年)が
ゴール前14ydsまで約60ydsを一気に駆け抜ける。
最後は再び草野がゴールラインに飛び込みTouch down。
落ち着いたKickで1点を追加し、7-14。

横国はここで流れをつかみたいところであったが、
関院が4th down 1のシチュエーションで
Gambleを選択。
横国Defenseはここで踏ん張ることができず
Runでゴール前4ydsまで攻め込まれると、
再びRunでTouch downを奪われる。7-21。
勢いの増した関院は次SeriesでPass interceptを決め、 攻守交代。
横国はまたしても関院RBを止められず4度目のTouch downを許す。
7-28。
関院はその後も再びPass interceptをし
FGまで持ち込むがこれは失敗し、追加点とはならない。

4Q。軌道に乗らない横国の攻撃はGainを奪えずPunt。
ここで岩﨑がゴール前1ydsにBallを落とす
素晴らしいPuntを見せる。
Safetyも狙える位置であったが、関院RBに
横国DefenseのTackleを次々とかわされLong gainを許してしまう。
しかしここはなんとかPuntに抑えた横国だったが、
次の攻撃で再び関院にPass interceptを決められ
End zone前まで走られると、
このピンチに耐え切れず5度目のTouch down。7-35。
悪い流れを変えられない横国は、Pass catchしたBallを
Fumble lostし、これを関院に押さえられてしまう。
ゴール前20ydsからの攻撃となった関院は、
横国Defenseの隙間をかいくぐるようにしてTouch downを決める。
そのまま試合終了し、7-42で関院の勝利となった

【会場にお越し頂きましたOB・OGの皆様】 10名

1期 須賀潔様
34期 服部良太様
36期 山下尚久様
37期 村田侑毅様
38期 伊藤祐介様
40期 高里翔様
42期 吉川浩平様、植田健太郎様、小櫃萌佳様
43期 雷田康友様

【後援会の皆様】 22名

【学校関係・その他】 2名

総計34名

暑い中ご来場下さいまして
誠にありがとうございました。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆北海道大学戦のお知らせ

春シーズン第4節の相手は
北海道大学Big Greenです。
北海道リーグの首位に立ち、
関東圏との差を縮めるべく
積極的に遠征を行っています。

黒星続きの中戦う相手です。
今まで通り、やられ続けるだけの戦いをしていては
絶対に秋シーズンを戦い抜くことはできません。
今までの試合で出た、後半戦の弱さと勝負所での甘さ
という課題をどれだけ克服できるのかが試されます。
絶対に勝つという強い意志を持って挑みますので
どうか温かいご声援をよろしくお願い致します。

<北海道大学Big Green分析>
北海道リーグにて、昨シーズン2年生ながら
最優秀選手賞を受賞したRB#5伊藤耕世選手(3年)に
強く警戒したい。彼の総獲得yds数は1,079ydsであり、
11年ぶり2人目の1,000yds Rusherである。
横国Defenseは絶対に彼の独走を止めなくてはならない。
また、DefenseではDL#52新屋惣選手(4年)は
昨年度のカレッジボウルに選出されており、要注意である。

●MASTIFFS DB OB会のお知らせ●

21期の鈴木伸嘉様より、
MASTIFFS DB OB会の
ご連絡がございます。

以下、ご覧下さい。

———————————————–

DBのOBの皆様へ
(DB以外のOBOGの方には申し訳ありません)

マスティフスOBOG会も創設期の先輩方が
60歳台から今春社会人なられた方まで
とても大きな会となってきたと思います。
各期や近い前後で同じポジションで集まることはあっても
それを超えて集まることも
少なくなってきているのでは無いでしょうか?
そんな中、ポジション別で
年次関係なく集まるのも面白いかと思い企画させていただきました!

・全DBのOB
(WRだけどDBもやってた!LBだけどRで試合出てた!全て参加OKです。)
・日時:5/31日曜日
試合から観戦 vs北海道大 14:30キックオフ アミノバイタルフィールド
飲み会から参加 試合終了後移動してスタート 予定17:00〜
お店;ちび九炉 調布駅北口店 調布市布田1-41-1-B1
www.chibiclo.com/
飲み会出席の方は予約の都合もありますので
nobushi0528p@i.softbank.jpまでお返事いただけますでしょうか!
各期で何人でも大丈夫です!
5/26迄にご連絡頂けると助かります。

携帯電話 090-8742-5562

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆春オープン戦日程のお知らせ

残りの春オープン戦の日程を
再掲載させて頂きます。
次戦の北海道大学戦を含め、
国立大学同士の戦いが続きます。

お忙しいかと思いますが、
ご都合のよろしい方は、ぜひ試合会場にて
温かいご声援をよろしくお願い致します。

・5/31(日)―北海道大学戦
→時間:14:30 Kick off
@アミノバイタルフィールド

・6/13(土)―東北大学戦(定期戦)
→時間:17:00 Kick off
@大井第二球技場

・6/28(日)―立正大学戦(JV戦)
→時間:14:00 Kick off
@横浜国立大学Gr.

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆本年度よりグラウンドにお越し頂きましたOB・OGの皆様

38期 伊藤 祐介様
42期 植田 健太郎様
宇多 俊一様
大庭 徹哉様
船引 亘様
43期 加藤 謙治様
國澤 友哉様
常田 俊也様
仁平 雅人様

お忙しい中お越しくださいまして
誠にありがとうございました。
OB・OGの皆様にご指導頂いたことは
部員全員で共有し、今後の成長のために活かしていきます。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆夏合宿の日程につきまして

2015年度夏合宿の日程が決定致しました。
詳しくはまた追ってご連絡させて頂きますが、
8月13日(木)~8月20日(木)の期間で実施予定です。

皆様大変お忙しいことと存じますが、
もしご都合のよろしい方がいらっしゃいましたら、
ぜひお越し下さい。
部員一同、心よりお待ちしております。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◆企画第一弾

OB・OGの皆様に
MASTIFFSでの「忘れられない○○」というテーマで
現役時代のエピソードをご紹介して頂く本企画!!

記念すべき第一弾を飾って頂きますのは、
41期の横井雅人様です。

————————————————

MASTIFFS OB・OG会の皆様

いつもお世話になっております。
41期の横井雅人と申します。
現役時代にはLBとしてプレーさせて頂きました。
4年生として活動させて頂いた
2012年度のシーズンでは
副将を務めました。
現在は商社に勤務しており、
食料の原料の輸入に携わっております。
社会人も2年目となりましたが、
辛い日々もMASTIFFSでの経験を思い出しながら、
都度一念発起し過ごしております。
さて、今回「MASTIFFSでの忘れられない○○」というお題にて
現役MGの豊田さんからご依頼を頂き、
文章を書かせて頂く運びとなりました。
またとない貴重な機会に感謝しつつ、
私のMASTIFFSでの忘れられない瞬間を
書かせて頂きたいと思います。

私の引退試合でもあり、
3年ぶりの1部昇格を達成した2012年度の入替戦、
その試合終了後にスタンドを見上げた瞬間。
これが私にとっての忘れられない瞬間です。
「よくやった!」
「頑張ったね!」という労いのお言葉と、
オレンジ色に染まる観客席。
そして、その中から
「横井!ありがとう!」
というお言葉を聞いたときは
涙を押さえることができませんでした。

思い起こせば私が2年生の時、
私は「よい後輩」「よい下級生」ではありませんでした。
日々の辛い練習、拘束時間で目標を見失い、
練習をさぼってしまった時期もありました。
結局シーズンに入ってもその状況は変わらず、
一年間を棒に振ることとなりました。
しかし、そんな状況でありながらも
私をフォローし続け、
MASTIFFSに所属する意義を
熱心に教えて下さった
当時の4年生の先輩方がいました。
3年生以降も私が部活を続けられたのは、
先輩方に教えて頂いた、
MASTIFFSにいる意義と
先輩方への憧れでした。
4年生、そして副将となり、
チームを率いる立場になった時には、
先輩方に教えて頂いた意義は確信となり、
漠然としていた憧れも、具体的な目標と変わりました。
そして私を見捨てず、
引き上げて頂いた先輩方への感謝が
一番の原動力となりました。
感謝の気持ちが持つエネルギーの大きさに
自分でも驚いたことを覚えています。

悪い後輩であった2年生のシーズン終了時、
チーム目標であった一部昇格を果たせず、
無念のまま引退される先輩方に
当時は「すみませんでした」としか言えなかった後悔がありました。
そのため、自分が引退する際には、
先輩方に真っ先に感謝の気持ちを伝えようと思っておりました。
前述した「忘れられない瞬間」は、
目標達成と引退の時が訪れ、
感謝を伝えるべく先輩方のもとへ
向かおうと思っていた矢先の瞬間です。
感謝の気持ちを持って取り組んだ先に
感謝の気持ちを頂いたことが、
人生最大の感動となりました。
結局試合後にまとまった言葉でお伝えできませんでしたが、
先輩方には大変感謝しております。
本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
文字数も迫っているので、
私の思い出はここまでとさせて頂きたいと思います。

リレー形式という事でお話を伺っておりますので、
私が2年生の時の4年生で
主将を務められた39期の前﨑さんに
バトンを是非つながせて頂きたくお願いします。

————————————————-

横井様ありがとうございました。
今回の横井様のエピソードを拝見させて頂き、
感謝の気持ちをもって取り組むことの大切さを
改めて実感致しました。

日頃より、たくさんのご支援を下さいます方々への感謝を
決して忘れず、ひたむきにアメフトに取り組んで参ります。

———————————————–

豊田 志織
【toyota-shiori-tf@ynu.jp】