【限定公開】2018年11月4日(日)東京大学戦戦評

【東京大学戦戦評】

1Q。
横国のKickにより試合開始。1Q序盤は両校Three and Outが続く。沈黙を破ったのは東大。東大のLong Passが決まり、横国陣21ydsまで攻め込まれる。3rd down 2のピンチで副将LB#20過外龍成(4年)がLoss Tackleを決め2ydsを押し戻す。ここで、東大は32ydsのField Goalを選択。これをDL#95相田道彦(3年)がHands UpでBlockし、何とか東大の得点を防ぐ。続く横国の攻撃ではRB#29伊東大樹(4年)のLong Runで1度Freshを獲得するものの、その後が続かずPuntを蹴る。直後の東大の1st Playでは、Handling FakeをしたQBに主将LB#59深澤駿(4年)が襲い掛かる。思わず東大QBがこぼしたBallをLB#2山本周(4年)が拾い上げ、そのままFumble Return Touchdownを挙げる。今年度秋リーグ戦Kick成功率100%を誇るK/P#3小川峻太郎(3年)がPATも安定して決め、7-0と横国が先制する。1Q終了。

2Q。                                                                                                                                東大はRunやPassを織り交ぜ着実に前進する。横国陣28ydsまで攻め込まれるが、Defense陣が奮闘し4th downに追い込む。東大はField Goalに挑むがBallは右に逸れ無得点となる。横国OffenseはFalse StartやSnap MissによるLoss Tackleなど自らのMissでチャンスを掴めない。前半の横国のLast SeriesではQB#1長田多矢(3年)の30yds RunやTE#4村井宏彰(2年)への15yds Passがテンポ良く通るも、東大の堅守に阻まれ2Q終了。

3Q。                                                                                                                                霧雨の中、東大のKickで試合再開。WRの好Blockで伊東が18yds Carryするも連続で東大にLoss Tackle・QB Sackを被り、攻守交替となる。ここから東大の猛攻が始まる。7分以上時間を使いGoal Line前9ydsまで攻め込まれる。横国DefenseはDL#91能勢隆大(4年)のQB Sackで奮闘するも、力及ばずTouchdownを許してしまう。7-7。3Q終了。

4Q。                                                                                                                                またも、東大の猛攻に翻弄されじりじりと横国陣まで攻め込まれる。あわや一発TouchdownのLong PassをDB#21杉崎卓海(3年)のNice Pass Coverで防ぐ場面があるも、東大の勢いを止められず再びTouchdownを奪われる。7-14。東大に逆転を許す。勝利には絶対に得点が必要な大事な局面。残り4’38で横国Offenseは自陣25ydsより攻撃を開始する。副将WR#7土生育穂(4年)への21yds Passで大きく前進すると、伊東のRunで敵陣へと切り込む。3rd down 9で土生へのPassが通るが、Freshとはならず4th down 1のGambleに挑む。長田がBallを持ち真ん中へと突っ込む。観衆が見守る中審判による計測が行われる。惜しくもBallはFresh Lineに届かず残り1’22で攻撃権は東大へ。横国はTimeoutを駆使して時間を止め、攻撃のラストチャンスを窺う。横国Defenseはここを決死の守りでThree and Outに抑え、Offenseへと望みを託す。残り0’57、自陣17ydsからの横国のLast Series。Long Passで一発Touchdownを狙うが、東大Defenseの壁を破ることができず攻撃権は東大へ。東大は残り0’02で時計を止め、30ydsのField Goalに挑む。Ballはゴールポストの間を通過し、それと共に試合終了。7-17で横浜国立大学が敗北した。